ケアマネの資格とお仕事

ケアマネージャーの魅力や、気になる仕事内容について紹介します!

ニーズが高い「ケアマネージャー」について

介護業界の中では、介護士をはじめ多彩な資格と職種があります。
その中でも難易度の高い資格と言われているのがケアマネージャーです。
介護支援専門員と呼ばれ、在宅サービス事業所や施設事業所などに所属し、介護サービスを利用される方の希望するサービスを適切に利用できるようケアプランを作成することがメインの仕事。
大変に重要なポジションの仕事なため、介護に関する幅広い知識が必要となり、試験に合格した後に実務研修を受け、初めてケアマネージャーとして仕事ができるようになります。

この資格の受験資格があるのは、介護職員初任者研修終了者かつ社会福祉主事任用資格者で、介護業務5年以上の経験者もしくは、特定の福祉や介護施設に5年以上従事した方です。
1年に1度の試験は、介護支援に関することはもちろん、医療や保険、福祉に関することなど幅広い範囲の問題が出題されるため、大変高度な試験と言われています。受験者のほとんどは、介護職に就いている方で、独学での受験対策の学習が困難な場合は、通信講座などを利用していることが多いようです。
資格取得のためには、受験資格や実務経験が必要となるため、ハードルの高いものですが、資格を取得すると活躍の場が広がります。
また、今まで以上にやりがいを持って活躍できるでしょう。

ケアマネージャーは、どこの事業所にとっても必要な人材であり、常に正社員の求人が多く出されています。
安定した仕事を探している方には、おすすめの職種ですよ。
以下のサイト<<http://examination-caremanager.com/>>には、ケアマネ-ジャーになるためのプロセスが紹介されているので、関心をお持ちの方はチェックすることを推奨します。